墓じまい、お墓の引越し、永代供養なら


約3か月ぶりの代表者です。

相続関連の業務を行っていると約半数の方からお墓問題の相談を受けます。
ここ最近は、墓じまいや、お墓の引越し(改葬)、お子様がいない為にお墓を守ってもらえないなど(永代供養)の
相談が増えてきています。

中でも特に多いのが先祖代々のお墓は地元(地方)にあって遠くて何年もお墓参りに行けていない、
親族もいなくなって管理が難しくなったという相談です。

あとは、お寺に管理してもらっているが檀家料が高額で払えないので
無縁墓になってしまうなど様々な相談があります。

これらの手続きは一般的に許認可と言われ、私たち行政書士の業務独占分野となっています。

相続は、まだ考えていないけどお墓の問題はどうするか考えている。

自分がお墓に入った後、誰も入る予定がないなどの諸問題がある方はこちらからお気軽にご相談下さい。

by kojimachi46 | 2018-08-21 14:21 | 代表者の放言高論