人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


世の中、捨てたものではありませんね。

過去の話ですが、私に喧嘩を売って敗北した零細企業が上場企業に買収されました。
しかも、同族経営の特徴である株式譲渡制限会社でした。

私が当時調べたところ、社長と奥さん、それに娘が取締役で各々が配分された株式を持っていました。
しかも、全発行済株式を譲渡したのです。
賢い方は、お分かりかと思いますが一部ではなく全発行株式です。
破産と同様の敗北感だったでしょう。

私は当時、M&Aを仕掛けて合法的に潰してやろうと模索していましたが、
登記簿を見て株式譲渡制限会社だったので無理だと判断した記憶があります。

そこで、親友の社会保険労務士と裁判になった時の為に弁護士を待機させ、賠償金を払わせ示談にしました。

それでも、いつかは合法的に潰さなければいけないと思っていたのですが、
思わぬところから可能になったのです。

買収した会社は、私がお世話になっている会社の関連会社でした。

世の中は存外、狭いもので人伝てに紹介していただきお会いした方が買収した会社のお偉いさんでした。
これ以上は、お話しできませんが私としては感謝の気持ちでいっぱいです。

なぜ、ここまで買収された会社を非難するのかというと、
違法行為を平然と行い、長年会社の為に貢献してきた従業員を違法に解雇したり、
パワハラなどを当然のように行ってきた最悪のブラック企業だからです。

被害者は数知れず。
被害者は皆泣いていました。

特に私が許せなかったのは、妊娠した事を理由に解雇された方でした。
結婚されていて2人目のお子さんを妊娠したら解雇です。

立派な男女雇用機会均等法第9条違反です。

他の方も、理由もなしに解雇されました。
これも、労働契約法第16条違反です。

被害者の皆さんは泣き寝入りです。
裁判を起こすほどの経済力も精神力もありません。
解雇されたら生活が成立しなくなります。
裁判を起こす労力に費やすなら次の転職先を探す方が現実的だからです。

なので、この会社はやりたい放題でした。

私が追求すると、弁護士に丸投げ。
そんな会社が雇う弁護士だからか、過去に懲戒処分を受けたことのある弁護士。
親友の弁護士に聞いたら「有名だよ。悪い意味で。」とのこと。
当時は本当に笑いました。

私とは違い、不当解雇された従業員の方には戦って欲しい気持ちでしたが、
それは個人の自由なので仕方ないですね。

やはり、法律を守り、人を大事にしないとバチが当たるということを再確認しました。
a0359239_15304440.jpg


by kojimachi46 | 2018-01-31 19:42 | 代表者の放言高論 


本日、去年行われた行政書士試験の合格発表がありました。
例の所に集まっていただいていた受験生27名のうち、4名が合格されました。
コメントをいただき、微力ながら協力できたことを嬉しく思います。

やはり、予想していたように非常に易しいという結果でした。
合格率15.7%。合格者の平均得点200点。
私が想像していた合格率を軽く超えました。

しかし、このままで良いのでしょうか。
27年28年、そして今回の29年と3年連続で二桁の合格率です。
特に今回は15,7%。
宅地建物取引士と変わりませんね。
もう、難関資格とは言えません。
受ければ受かる資格になってしまいました。

個人的には、問題の質を上げるべきだと思います。

例えば、記述の問題で譲渡担保や根抵当権が出題されたら専業受験者はお手上げでしょうし、司法試験組や司法書士組でなければ対応できません。

この程度の出題をしなければ合格者の質を担保できないと思っています。

そうでなければ、法律のほの字も知らない週に2日のパート主婦が、自宅で開業可能だからと「受けてみようかな~」などと鼻で笑われるのです。(実話です)








by kojimachi46 | 2018-01-31 14:32 | 代表者の放言高論 

おはようございます、補助者です。
北海道ラーメンの超有名店山頭火、美味しいですね😁
そこで修行をしたお店とのうわさのある、風来居へ行ってきました。
新宿、渋谷にもありますが、淡路町へ。
ひっそりと目立たない所にあります。
a0359239_19215321.jpg

a0359239_19230393.jpg
山頭火と言えば塩ラーメン。風来居もですね。

a0359239_20175500.jpg
麺は札幌の小林製麺。

a0359239_20183470.jpg
しおらーめん味玉入。美味しそう~⤴︎ ⤴︎


a0359239_20233112.jpg
スープは山頭火よりもあっさり目。
こっちの方が好きかな。美味しい!

a0359239_20255392.jpg
麺は細麺です。

a0359239_20264646.jpg
山頭火はきざみキクラゲですが、こちらは丸のまま。

a0359239_20271635.jpg
チャーシュー柔らかくて美味しい~😋

a0359239_20275784.jpg
メンマは味付けしっかり。

a0359239_20282954.jpg
味玉トロトロ~🎶


a0359239_20285612.jpg
こちらは数量限定、ホエー豚のとろ肉らーめん。具が別盛りです。
チャーシュー6枚もある!

a0359239_20314693.jpg
トッピングON。脂身多めですね。

a0359239_20331563.jpg
トロ肉というだけあって、トロトロなチャーシューでした。

美味しいのであっという間に食べちゃいました。
しかしここは出てくるのが早い!
数分で着丼。素晴らしいですね(笑)







by kojimachi46 | 2018-01-30 07:16 | 補助者のブログ

おはようございます、補助者です。
デカ盛り唐揚げ弁当があるということで、相模原まで行ってきましたよ🚗💨

a0359239_14473425.jpg

a0359239_14473994.jpg
弁当の丸菱さん。元気なおばちゃんが好感度⤴︎ ⤴︎店前ののぼりに唐揚の文字が。やはり、唐揚が売りのお店なんですね

a0359239_14482796.jpg
包み紙がカワイイw

a0359239_14482965.jpg



a0359239_14494792.jpg


a0359239_14505907.jpg
味付けはとても美味しく、柔らかくてジューシーな唐揚げ。

a0359239_14504196.jpg
手作りスパゲティサラダも嬉しい。

a0359239_14512455.jpg
ごちそうさまでした。

相模原界隈には、美味しい唐揚げ弁当を食べさせるお店が多々あるようなので、少しずつ潰していきますw






by kojimachi46 | 2018-01-27 06:34 | 補助者のブログ

てんや

おはようございます、補助者です。
天ぷら食べたい!となったとき、お手軽にすぐに食べられるのがコチラ。

a0359239_00104117.jpg
てんやは庶民の味方!

a0359239_00115362.jpg
天ぷら定食

a0359239_00130540.jpg
天ぷら定食。

a0359239_00144794.jpg

a0359239_00162706.jpg
ほうれん草のおひたし。これは嬉しい。

a0359239_00271592.jpg
海老と~

a0359239_00273897.jpg
いんげんと~

a0359239_00340687.jpg
きす

a0359239_00342439.jpg
かぼちゃ



a0359239_00351178.jpg
いか

a0359239_00354298.jpg

a0359239_00360436.jpg


a0359239_00370902.jpg
そうそう、漬物食べ放題てした。
ご飯がパサパサ💧それが残念でした。

でもこの金額でお手軽に天ぷらが食べられるのはいいですね。あと天丼は載せていませんが動画にあります。

※こちらの記事は料金改定前になります。





by kojimachi46 | 2018-01-25 07:08 | 補助者のブログ

ペットは相続できる⁉️


先程、相続についてお問い合わせをいただいたのですが、
初めてのケースだったので皆様にも参考になればと思います。

相談者は、70代の女性でご主人は5年前に他界。
お子様はいませんが、猫と一緒に生活しています。

この、猫ちゃんが相談の主役です。

ご主人の告別式の翌日に、どこからともなく相談者の前に現れたそうです。
ご主人が相談者が寂しくなるのを嫌って、この猫ちゃんを相談者に巡り合わせたのではないかとのことでした。

そこで、相談者が自分が亡くなったら猫ちゃんに相続財産全部を残したいが可能か?との相談です。

因みに、相続財産はご主人が残してくれた不動産と少しばかりの預貯金とのこと。
お子様はいませんが、弟さんと妹さんがいます。

この場合の、法定相続人は弟さんと妹だけです。

残念ながら、財産すべてを猫ちゃんに相続させることはできません。

いくら家族同然とはいえ、法律上ペットは動産(物)として扱われます。
私も動物が好きなので、物、と言われると違和感があります。
相談者の気持ちは痛いほど分かります。

そして私は、こう回答しました。
「すべては難しいと思いますが、残すことは可能です。」
なぜ、相談者が猫ちゃんに財産を残したいのか、それは自身が亡くなられた後の猫ちゃんの運命を考えてのことです。

ある方法を採れば、相談者の希望を実現できるのです。

しかも、法的に猫ちゃんを守ることができる。

結論は、ペットに相続させることは不可能だが、法的に同等の効果を得ることが可能になる。

同じように、わんちゃんや猫ちゃんを飼っている方で将来的に不安のある方は、
お気軽に事務所のご案内の記事最下のフォームよりお問い合わせ下さい。

by kojimachi46 | 2018-01-24 17:47 | 代表者の放言高論 

海外出張のお土産

お土産シリーズ、続きます。
よく海外出張をされるお客様にお土産を頂くのですが、この方はいつもGODIVAを買ってきてくれるのです⤴︎ ⤴︎

a0359239_16002363.jpg

チョコと思って開けてみると.....。

a0359239_16005096.jpg
クッキーでした😝😝😝😝😝
あー嬉しい、いつもありがとうございます⤴︎ ⤴︎
一気に食べないように気をつけますw






by kojimachi46 | 2018-01-24 15:34 | 補助者のブログ

山形土産2

おはようございます、補助者です。
山形土産その2。納豆の他に、ラ・フランスのガレットも頂きました~😋🍴💗

a0359239_22281761.jpg
山形はラ・フランスが名産ですね。

a0359239_22281997.jpg
パッケージが良い素材w

a0359239_22310464.jpg
沢山入ってます🎶

a0359239_22314097.jpg
ガレットの中には、クリームチーズが入っていました。これがラ・フランスの角切りと合う~🤗
美味しかったです。ありがとうございました~






by kojimachi46 | 2018-01-24 07:26 | 補助者のブログ

気を付けましょう!


昨日、緊急の電話をいただいた方から相続についての相談を受けました。
相続というより、依頼先の相談でした。
その方は、お子様やお孫さんのことも考えて相続を勉強されていました。
そんな中、図書館で見つけた相続に関する本を借りて読んだところ、
まずは無料セミナーに出席することにしたそうです。

そして、セミナー後に希望者に対して無料にて相談を受け付けるということで相談をされたそうです。
相談者の方は、年末年始にお子様が帰省されたときに家族会議をされていたので、その内容を相談したら、具体的な回答はなく、「とりあえず、遺言書を作りましょう。」と言われて、一般的な相続についてのパンフレットを渡されて帰宅されたそうです。

その後、3日に1度の割合で勧誘の電話がかかってくるとのこと。
そして、昨日の朝には強い口調で「早くしないと手遅れになる!」「もし、決断できないのなら今から説明に行きます!」と電話口で言われて、お子様に相談しました。
お子様がインターネットで私の事務所の記事に辿り着いて相談してくれました。

一通りお話を聞いて、「この人も引っかかったか~」と思いました。

そこから、私の得手である調査に入りました。
調べると、出てくる出てくる。
ツッコミどころ満載のオンパレードです。

1.その組織が営利を目的とする株式会社です。
株式会社=利益追求なのです。

相続は、公共性が高く多くの法律が混在するので営利には馴染みませんし、
営利目的とするには抵抗があります。(銀行は除く)

相続を扱う=弁護士・司法書士・税理士・行政書士
これらの関連士業は、お上が認めた専門家です。

なので、結果的に株式会社や有限会社などの法人名はありえません。
(有資格者複数で事務所を開業する法人とは異なります。
また、各対策で士業事務所とは別に株式会社等を設立する方法もありますが)

2.従業員の中に有資格者が一人もいない。
宅地建物取引士等の不動産資格者は少数いるものの
最低限の相続関連知識を保有している者がいないのは問題です。
その証明として、相談者の方の質問に回答することなくパンフレットを渡して誤魔化しています。

そして、最大のポイントは違法行為を犯して監督官庁である東京都から処分を受けているという事実です。

私見ですが、この会社の実態は次の通りです。
代表者自ら、本を出版したり、テレビなどに出演し広告塔になる。
無料セミナーを開催し、相談者を勧誘して高いコンサルティング料を受け取り、提携している士業に丸投げする。
相談者は、会社にコンサルティング料を払い、提携士業から報酬を請求される。
つまり、2重取りを余儀なくされる。

また、依頼者の多くは不動産を持っています。
相続で揉める原因の一つに不動産があります。
この会社は、依頼人から依頼された不動産の処分(売却)を自身が設立している宅建業者(不動産業)にて、媒介契約をして所謂両手物件(売り主からも買主からも物件価格の3%の仲介手数料を得ること)や、依頼者の不動産を高く売りに出して(相場より高かれば当然買い手は付きません)売れないと言って少しずつ下げて最終的には、良心的と見せかけて(売れないと困るでしょうから当社が買い取ってあげましょうか?)安く買いたたき所有権を取得するなどがあっても不自然ではありません。
そうでなければ、行政処分など受けないですし。

代表者が出演していたテレビ番組では
年間1万を超える相談実績があるとのことでした。

まず、その数字も私からしたら懐疑的ですが
今回の相談者の方のような人も多くいると思うと複雑です。
相談者の方も言っていましたが、本も出しているし、テレビにも出ている、数多くの実績があるなどの信用してしまうトラップがあるのでしょう。

皆様には、くれぐれも稚拙なトラップに引っかからないようにお願いします。

相続は、非常に高額になりますので慎重に専門士業又は銀行を見極めたうえで依頼するようにして下さい。










by kojimachi46 | 2018-01-23 12:38 | 代表者の放言高論 

山形土産1

おはようございます、補助者です。
山形へ出張へ行く取引先の人に、お土産を頼んだのですが、
それは納豆(笑)
前にケンミンショーでやっていたのですが、山形の人の納豆の消費量は日本でもトップらしく、変わった納豆もあるとか。

a0359239_12213993.jpg
三種類買ってきてくれました~⤴︎ ⤴︎
南蛮納豆はピリ辛系。雪割納豆は麹味噌系。鳩納豆はノーマルな納豆です。
全部関東では見たことないモノなので嬉しい~🤗
納豆大好きなので感謝感謝です。
ありがとうございました~。






by kojimachi46 | 2018-01-23 07:21 | 補助者のブログ